気になる水道工事店の車庫

昨日は、愛知県のことを述べましたが、今回は東京都下のことを述べたいと思います。私は、名古屋市内の大学に在籍後に東京都下の大学を再受験して入学しました。都内でも郊外で、駅から離れていたところに住んでいたので、自然が残り、比較的のんびりしたところに住んでいました。近くには小学校があり、その他、事業所も色々とあったのですが、私の住んでいた建物の前の道路を100m位進んだ所に、市の指定の水道工事業者がありました。その業者は、昼間は軽トラックが出入りしていて、至って普通の水道工事業者といった感じに見えました。建物は古く、かなり以前から事業を行っている業者だろうと直ぐに判りました。しかし、日が暮れて夜になると、その業者の車庫は一変します。シャッターが開いていることが多く、裸電球がぶら下がっている車庫には、外車が停めて有り、しかも同じ車種のものではなく、頻繁に入れ替わっていたということです。時には、レーシングカーも停めて有り、私はそれを見て、「この業者の方は、相当な人だろう」と思いました。私が、特に印象的だった外車は、ポルシェ928でした。性能面では934の方が上だからいい、という方もいらっしゃると思いますが、それでも私は、928と934を比べると、928に傾きます(勿論、934も好きです)。留置かれていた928は、メタリックブルーの車体で、それが裸電球に照らされて艶やかな色だったので、尚更感激しました。しかし、この928を留置していた期間も長くなく、その後、バブル経済崩壊後には、その水道工事業者は、建物をリフォームして、以前からの車庫はなくなりました。そして、カーマニア垂涎の外車やレーシングカーを置くことはなくなりました。現在も、存在しているかどうかは判らない業者ですが、こういったものを見ることが出来たのは、良い体験だったと思います。